Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beatrix2005.blog13.fc2.com/tb.php/45-4a05ed22

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ようやっと

体調が回復してきました。何よりも買い物に行けるのが嬉しい。ああ、健康ってすんばらしい!って叫びたくなります。TVもゲームも漫画もネットもできず(というか、やりたくもない)ただ寝ているだけの日々。ホント、時間だけが過ぎていきました。
寝込んでいる時、決まって夜明け前に目を覚ましました。フラフラになりながらも外に出て空を眺める。静まり返り、凍てつく空気の中の、下弦の月と春の星たち。そして決まって椰子の実の詩が思い出されます。
この詩に 「孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ」 というのがあります。この浮寝は大抵、「寝場所が一定しないこと」という意味で解釈されています。だけど、この言葉には他の意味もあって・・・
夫婦でない男女が一時的に契りを結ぶ
川の水のように激しく流れ、落ちた涙のその先に、想うはたったの、一つのこと

いずれの日にか 国に帰らん

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beatrix2005.blog13.fc2.com/tb.php/45-4a05ed22

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。